listen こえびメモ

リスン・デザイン こえびのブログ

日々感じていることをつらつらと書きます。

悲しみとは

悲しいとは、どういうことだろうか。悲しみとは。
失われてしまったものへの愛と、なつかしさ。
もう手に入らないものへの、むなしさと、あきらめ。
 
さびしいと思うことはあっても、悲しいと思ったことはあまりなかった。
悲しさを紐解いてみる。
悲しさの多くを占めているのは、もうここにはなくなってしまった何かへの、愛おしさかもしれないな。
そう、わたし、とても、好きだったんだ。だから、辛いんだ。


そのときのキラキラとした時間や、うれしい気持ち、そのときに感じたこと、目にしたもののすべてが、とても好きだった。とても愛していたんだ。

とても好きだったということは、ずっと変わらない。本当のこと。
わたしの大切なひきだしにそっと仕舞っておけばよいのだ。
抱きしめて生きていけば良いのだと思った。



そう思うと、すこし、不安がなくなった。




感情は、ひとりで感じきってしまえば、ちゃんと昇華するものなんだって知ったことが、20代後半に手に入れた最大の学びかもしれない。
友だちが教えてくれた、だれにも迷惑をかけずに、気持ちを落ち着けることができる方法。
それに救われてる。
 
そしてたぶん、わたしが感じているよりも大きな悲しみを、抱えているのは。
こんなふうにわんわん泣けないひとは、どうやってこの悲しさと向き合うのだろう。
どうやって向き合おうとしているのだろう。
不器用なやりかたで、たくさんの愛を与えてくれた。
最後まで、男らしく、少々格好よすぎやしないかという格好よさで、わたしの選んだ方向を、応援してくれた。

ほんとうのところは、わからないけど、でも、その姿勢をくずさないでいてくれたことが、わたしを、心底、安心させてくれた。
いつだって、そうだった。それが、彼の優しさなんだろう。




わたしは、信じている。
何をって、上手く言えないけど、
とにかく、これが、正解だったということを。



わたしたちが、これまで築いてきた信頼関係を。

かたちを変えてこれからも存在しつづけていく、お互いへの愛を。
ずっと大切に思っている。



この選択が、この先向かっていく、しあわせな未来へ向けての第一歩になる。

わたしは信じている。

わたしも彼も、ぜったいに大丈夫だと、信じている。

 

あのとき、そうしてよかったねって、
すべて正解だったねって、
笑って言い合える日が来ること。わたしはそれを信じてる。