読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

listen こえびメモ

リスン・デザイン こえびのブログ

日々感じていることをつらつらと書きます。

セカアカ(略:世界文庫アカデミー)始まったよ

先週ず〜っと忙しかったので、アウトプットできなかったぶん


2月5日
6次元ナカムラクニオさんのワークショップ、からの、新歓コンパ(自分たちでな!)
自分の中で気になるワードをわーーーっと書き出して、
それをたのしく組み合わせて、新しいことば(サービス)を作る。
新鮮な組み合わせほど、頭のなかでムクムク妄想がわき上がってたのしい!
それをただ書き出すだけじゃなくて、みんなに伝えることで、さらに輪郭が濃くなったりとか、アイデアがどんどん数珠つなぎに生まれるかんじ。

そのあとは、おおいそぎで布博2017へ行って

f:id:listen-design:20170213213434j:plain


ほかのクラスの方たちもいっしょに新歓コンパ(自分たちでな)へ。
お料理で夢を叶えようとしている方も数名いらっしゃって。

このためにケータリングを作ってくれたり、ケーキを焼いてくれたり、どれもこれも美味しい^^

f:id:listen-design:20170213213436j:plain


シンガーソングライターの方がギター片手に歌って盛り上げてくれたり、新しい形のスナックをやりたい方がまるでホステスさんみたいにつっこみ入れてたり。笑
ここにいる人だけでもずいぶんとおもしろいことができそうだなと思った。


2月12日
いか文庫「いか文庫の自己紹介〜これまでのこと、ぜんぶ話そうじゃなイカ〜」
この方たちがスーパーおもしろくって!

f:id:listen-design:20170213211350j:plain

本を一冊も持ってない「エア本屋」(なにそれ)
なのに、いろんな書店からフェアのオファーがひっきりなし。
しかもその仕掛けづくりがめっちゃユニークでたのしいの。
サービス精神旺盛な売り場づくり。たとえば、紙でつくったイカを店内にたくさん散らして、それをぺりっとめくるとおすすめの本と棚が書いてあるとか(本との偶然の出会いと、回遊性)

いろいろお聞きしたのだけど印象的だったやつ

「わからん詩」
詩とかよくわからん!けど、とにかくみんなで楽しもう、なイベント。その発想の広げ方がとにかくユニークでたのしいの。

詩を注文すると、詩にでてくる食べ物の写真がのったお皿がでてきて、店員が耳元でそっと詩を朗読してくれるとか。(お腹がぐーぐー鳴りそう)

谷川俊太郎さんの詩をラップする動画をひたすら観るとか(そういうスタイルがあるらしい)
高田渉さんの曲のモチーフになってる山之口獏さんの詩を、いろんなアーティストのカバーで聴くとか(とても魅力的な詩人の方)
西加奈子さんのハイテンションなエッセイを朗読しながら「!」の場面で「!」と書いたプラカードをあげるとか(よくわかんないw)

「ごはんフェス」

森下典子さんのエッセイ「いとしいたべもの」を朗読しながら、横浜崎陽軒の「シウマイ弁当」をエッセイの順番通りに食べるとか(食べる順番の黄金バランスがあるらしい)

「本音フェス」
ライブハウスで本屋がフェスを開催しちゃうとか(空気公団、空中カメラ、AR三兄弟、と「エア」なバンドをチョイス)

f:id:listen-design:20170213213438j:plain



唯一の心のこりは「こんにちは、おんなじ海の仲間のコエビです」って自己紹介できなかったことかな。。(わたしのばか!)