読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

listen こえびメモ

リスン・デザイン こえびのブログ

日々感じていることをつらつらと書きます。

あたらしい世界に飛び込む。

クリスマスのすこし前、京都で知らないおじさんに会った。

おもしろい学校が始まるとのうわさを聞いて、さんざん悩んだあげく、とにかくこれをやってる人に会わなきゃと思ったのだ。

おじさんというのは、世界文庫アカデミーを主催している担任の先生のことで

ご自身もデザイナーであり、アーティストでもある。

 

このアカデミーの最大の魅力は豪華な講師陣で

現役のデザイナーやアーティスト、編集長など、独自の生業を営み、第一線で活躍されている方ばかりである。

世界文庫アカデミー

 

この面接で、ちょう失礼で、悲しくなるくらいほんとうのことをズバリと指摘された。

 

「あなたがさっきから話していることの9割はムダです」

「なにをやりたくてここに来たのですか」

「そうじゃなくて、あなたが本当にやりたいことです。」

「そうじゃなくて、本当に古戎さんがやりたいことは何なのですか?」

 

シンプルな質問に答えられない。

ほんとうは分かっているし、それは自分の中に明確にある。。。のだけど、うまく掴めない。

一生懸命、話そうとしているのに、ほんとうのことがひとつも出てこなくて、自分でもびっくりした。

「それっぽい」言葉だけがさらさらと上滑りしているようで、その「それっぽい」言葉を聞きながら、情けなくて涙が出てくる。

 

だって、わたしはデザイナーなのだからデザイナーっぽいことを言わないと筋が通らないじゃないか、とか

いい年をしてそんなふわふわとしたことを考えているなんて、呆れられやしないか、とか

言葉にするまえに、「こんなこと言ったらこう思われるかも」という自動制御システムが働いてしまう。というか。

 

わたしは人の話を「聞く」のは好きで

そこから、さまざまな要素を掬いとって組み立てていく過程が好き。だからデザインという仕事が好きだ。

だけど、自分のことを人に「伝える」のは苦手で

仕事のことならわかるけど、自分のことはよくわからないし、

自分の好きなことや感じていること、ほんとうの気持ち、は、わざわざ人に言うほどのことでもない気がして、なかなか口に出せない。それに、なにか言わなきゃ、と思って出てきた言葉は、いつもすこし本当の気持ちとはずれていて、そのたびに残念な気持ちになる。

小さい頃から人と話すの苦手だったこと、ずっとコンプレックスだったことを思い出した。

あ、そうか。口でうまく表現できないから、ずっと絵を描いてたきたんだ、ということも、思い出した。

 

追いつめられて逃げ出したくなって、言葉より先に涙が出てきてしまって、ぽろぽろ泣いた。

気持ちがおちついたころ、頭の中のノイズがなくなって、やっと本音が出てきた。

(でもここに書くのはまだ恥ずかしい)

 

「なんだ、ちゃんとあるじゃないですか」

「それを言うのにこんなに時間がかかるなんて」

「うん、それは、すごく、いいとおもいますよ」

「そんなの、まだやってもないことなんだから、具体的に言えなくて当然ですよ」

 

否定されるかもとビクビクしていたのに、あっさりと。

ふわっとしたものをふわっとしたまま、受け止めてくれた。輪郭のあいまいな、いかにも抽象的な夢だけど、世の中には、それを良しと言ってくれる大人もいるらしい。

なんだ、ほんとのこと言っても、大丈夫なんだ。と思った。

 

さいごに

「ここでは、できるだけ取り繕わずに、かわいげのある古戎さんで来てください」

と、言われた。(かわいくないってことですねつまり)

ドヤ顔で(ちくしょう)(でも素直に)(がんばろうと思いました)

 

あまりにもインパクトの大きいできごとだったので、それからしばらく、気持ちは沈んだままだった。

(ご本人曰く、ふだんは穏やかな方だそう(ほんとか))

でも、ここに通おうという決意だけは固まった。

だって、わざわざ初対面でそこまで踏み込んでくるなんて、そんな面倒くさいこと。

さらさらっと、笑って、受け流した方が楽だし、そうやって生きている人のほうが多いこの世の中で。

このおじさんは、むかつくけど、信用できる人間だと思った。

同時に、デザイナーとしてほんとうに第一線でやってきた人って、

やっぱり本質を見抜くんだなと思った。

(古賀さんはアートディレクターでもあって)(くるり曽我部恵一ウラニーノなど)(大好きなバンドばかり)

 

学校は明後日から始まるけど、正直いうと、ちょっと怖い。。
なんだかすごく緊張する。
でも、この怖さは、向き合うべき怖さなんだろうなと、思う。

なにか大切なものに近づいているゆえの怖さ、というかさ。
わたしはちゃんと「かわいげ」発揮できるだろうか?
(かわいげないって女子に対して失礼だよね)

でも、ちょっと楽しみ。
どんな人に出会えるかな。

 

f:id:listen-design:20170127165511p:plainf:id:listen-design:20170127165453p:plain