listen こえびメモ

リスン・デザイン こえびのブログ

日々感じていることをつらつらと書きます。

「やねうらマルシェ」

先週日曜に参加した「やねうらマルシェ」すごく、楽しかった^^ わたしが通っている世界文庫アカデミーのみんなと主催したものです。 大盛況!! 出店する側にまわるなんて、思いもしなかったけど なにか、もう一つの扉が開いたようなワクワクがありました…

4年前の彼女に、声をかけてあげられるとしたら。

とある人が、4年前のわたしの文章を掘り起こして、メッセージをくださった。 FBでシェアしてくださった投稿が、ある日ふっと出てきたんだって。 まぁー、こっぱずかしいことを、書いている。 ふわっとした文体は、確かに自分のものなのだけど、、、 まるで自…

1001今日のダーリン覚え書き

「10月10日は、燃えるゴミを出してはいけません。」 というような文章は、なにも思ってなくても書ける。 「ドアを開けるには、ノブを左に回して手前に引く。」 というようなことも、なに思うこともなく書ける。 「息子がうつむきながら黙って帰ってきた。 妻…

家族って 01

ちょっと前に観た「6birds barked in the park」のライブ。 しばらく活動をお休みされていたあとの、ほんとうに久しぶりのライブ。 わたしがライブハウスという空間を好きになったのは、6birdsの存在がすごく大きい。 もともと、大学生の頃からなかよしカッ…

その恐怖は、衣の厚すぎるエビの天ぷらに似て

新月と月経がここのところ、ぴったりと重なる。 いろいろ、食べすぎたものや考えすぎていること、余計なノイズみたいなものが 一気に流れていく感じがある。きた、デトックス期間。 いつもは鮮やかで幸せな夢を見ることが多いのだけど、 こういう時期は、い…

インターンシップ無事終了♪

8月1日から、インターンシップで中国デザイン専門学校の学生さんが来てくれていました。 ちゃんと朝9:00に出社して、30分掃除して、朝礼でスケジュールの擦り合わせをして、12:00〜13:00に休憩を取って、18:00に業務を終了。わお、理想の働きかた!なかなか…

引っ越しました。

いろいろ、本当に、いろんなことを考えるタイミングがあって、 思いきって環境を変えてみることにしました。 たぶんこれで11回目の引っ越しです。 (小さいころから転勤の多い家だったから、 たぶん、ヤドカリみたいに生きるのが好きなのだと思う) カーテン…

悲しみとは

悲しいとは、どういうことだろうか。悲しみとは。失われてしまったものへの愛と、なつかしさ。もう手に入らないものへの、むなしさと、あきらめ。 さびしいと思うことはあっても、悲しいと思ったことはあまりなかった。悲しさを紐解いてみる。悲しさの多くを…

170601今日のダーリン

許す。許さない。許されるのか。そうね、いま、わたしの頭のなかにもその言葉がある。そして、かなしみ。しばらく感じることのなかった、悲しみという感情。 あることばを、ひんぱんに見かけるということは、 そのことばの意味するものごとが、 とても意識さ…

結婚はよいものなんだなぁというはなし

昨日は、友人の結婚式でした。 ぱっと外へ出た瞬間の新緑と、差し込んでくる光が美しくて、まぶしくて あぁ、とても祝福されているふたりだな。と思った。それは、古風とさえ言ってもいいくらいの、とてもシンプルなお式で、 わたしは、彼女のアーティストと…

わたしは、誰かでできている

4月の終わりに、エレファントカシマシのライブを観た。もうひと月近く経つのに、まだ、そのときの余韻が胸にのこってる。これでもか!っていうくらい一生懸命で、無骨で男らしくて、でっかくて、もう、とにかくでっかくて、べらぼうに格好よかったのであった…

170411今日のダーリン

わたしは特に新しい環境で働き始めたりもしてないけど。 入社した時も、入学した時も、この季節はだいたい、元気いっぱいではなかった。みんなきっと、そうだったんだろうな。 みんな新しい就職先げんきでやってるかな。 四月の、いまごろ。 新しい環境にあ…

春には感情の大波がやってくる。

年度末はプチ地獄だった。 春分の日あたりに突然やってきた感情の大波のはなし。 慣れない運転で、西粟倉村から勝央町にいって帰る道中だった。 いちばん忙しいときで、たった1日パソコンに触らないだけで、催促の電話や、メールがどんどん送られてきて軽く…

170328今日のダーリン

近ごろ調子が悪いのか便秘気味と言いますか じぶんのなにかを表現する元気がないので今日もこんなかんじ。 今日のダーリンって天気予報みたいなのだよね ももやもやと気になっていることが、糸井さんの視点で整理されて述べられている。 その照らし合わせで…

170323今日のダーリン

とにかく、思っているより、人生ってすぐ終わっちゃいそうだなということ。観たい映画を、死ぬまでにすべて観ることはきっとできないだろうし読みたい本だけを読むとしたって、きっと全部読む時間はないだろう。キライな人やどうでもいい人の顔を見る時間よ…

ひとまず、整理しよう(やらなきゃいけないことは、いったん横においといて)

やらなきゃいけないこと、が、溜まりにたまると 頭のなかがだんだんと、ぐちゃぐちゃになっていく。 ぐちゃぐちゃの頭でアイデアを出そうとしても ノイズがたくさん混じってちっとも集中できない。 仕事じゃないかたちでのアウトプットをしていないから イン…

170302今日のダーリン

正しいことは、いちばん人を傷つけるのだと思う。 それが正しければ正しいほど、逆行するものは「間違っている」ことになり 間違っているほうは、逃げ場がなくなってしまうからだ。 自分に対しても、人に対しても、あえて、逃げ場をちょっと残しておくこと。…

編集者という生き方

今日のセカアカ、先生は雑誌「ONKUL」編集長の安達薫さん✨✨ FUDGEから派生した雑誌で、コンセプトは「おじさん」「ハンサム」「ユニセックス」「ベーシック」。 雑誌にはめずらしくざらざらしたマットな紙に、ほとんどスミ文字だけでシンプルに組んでいる。 …

写真にも運動神経というものがあるんだな、と、そんな感じの。

きのうは瀬戸内市にてロケ撮影でした。ココホレジャパンさんと、あこがれの中川正子さんと。(緊張しすぎておなかいたかった)うまく言えないけど、 写真にも運動神経というものがあるんだな、と、そんな感じの。 ほんとうに絵が上手いひとがサッと描いた、…

セカアカ(略:世界文庫アカデミー)始まったよ

先週ず〜っと忙しかったので、アウトプットできなかったぶん 2月5日6次元ナカムラクニオさんのワークショップ、からの、新歓コンパ(自分たちでな!)自分の中で気になるワードをわーーーっと書き出して、それをたのしく組み合わせて、新しいことば(サービ…

【ただの日記】今日のおぼえがき

今日は朝から映画へ「ヒッチコック/トリュフォー」めっちゃ面白かった! ドキュメンタリー苦手だけど、飽きさせない見せ方で, 2人の表現者の絆がすごく感じられた。ヒッチコック映画もっと観てみたいと思いました。 昔のグラフィックほんとうに格好いい。。

【お仕事のご報告】「夕食とお酒 あまおと」ロゴデザイン等

Facebookのほうにもまったく同じ文章なので重複するけど、 どこからどんな方にご覧いただけるかわからないので、こちらにも^^昨日は、表町のあたらしくオープンするお店「夕食とお酒 あまおと」さんへ。夕食やお酒をていねいに味わえて、しあわせな気分に…

【ただの日記】きのうときょう

きのうは携帯のキャリアをのりかえて、 どさくさに紛れて夢のペンタブレットを手に入れた。じゃじゃん! 使い方は若い子に聞こうと思います。笑 そのほかコンペも2件かぶってて、たいへん忙わしなかった>_< でもiPhoneはうめの先生のおかげで生き返った^ - …

エディトリアル演習の授業について

きのうは、よくわからないなりに一年間つづけてきた、非常勤講師のさいごの授業。 最後なので、チームごとにプレゼンしてもらう。 それぞれのプレゼンに対して感想を伝えてもらうと「お洒落でいいなと思った」「なんか○○っぽくていいなと思った」 のように、…

世界はひろい〜わたしと母のこと

授業の1日目は、古賀先生(担任)による「 自分の新しい名刺を作ろう・新しい肩書きを考えよう 」と「自己紹介」から。 すてきな人がたくさんいたな。 帰りぎわに「また来週ね〜!」と言い合える空間があるっていいなって思った。 そのあとは、久しぶりにす…

It's all right.

今日からはじまる。 やるべきことをやったら、もう不安はあまりなくなった。 いい年してって友だちにはバカにされるけど、わたしはまだ高速バスをよく使う。笑 安いからってのもあるけど、わたし高速バスが走り出した瞬間の胸の高鳴りがすごく好き。 朝日が…

あたらしい世界に飛び込む。

クリスマスのすこし前、京都で知らないおじさんに会った。 おもしろい学校が始まるとのうわさを聞いて、さんざん悩んだあげく、とにかくこれをやってる人に会わなきゃと思ったのだ。 おじさんというのは、世界文庫アカデミーを主催している担任の先生のこと…

調子が良くなってきたんだなっていう実感

久しぶりにたくさん本を買う。 ずっと気になってたもの、好きな作家さんの新作、たまたま目に入った、すてきな装丁。 何年もフリーズしていた読書の時空が、急に動き出した。 調子、よくなってきたんだな。 本や映画を、前みたいに観られるようになってきた…

想いに輪郭をつけるということ

わたしは気持ちを言葉にするのが苦手だ。うまく言葉で言い当てることができないから、口から出た瞬間に自分の言葉に対して興ざめする。とくに焦ってすきまを埋めようとしてしまったときは最悪。たとえば、「好き」という言葉を使ったあととか。「好き」の裏…