listen こえびメモ

リスン・デザイン こえびのブログ

日々感じていることをつらつらと書きます。

1001今日のダーリン覚え書き

「10月10日は、燃えるゴミを出してはいけません。」
 というような文章は、なにも思ってなくても書ける。
 「ドアを開けるには、ノブを左に回して手前に引く。」
 というようなことも、なに思うこともなく書ける。

 「息子がうつむきながら黙って帰ってきた。
 妻が、脱ぎ捨てた靴を揃えていた。」
 と書いた文章には、なにかの思いが入っている。
 「街は夜だった。」という文の場合、
 その前後につながっている文しだいでは、
 思いが入っているとも言えるし、
 そうでないとも言えるが、
 「街は夜だった。」と、わざわざ言っているのは、
 おそらく、なにかの思いがあるのだろうと感じとれる。

 「3月31日の期限までに、お支払いください。」
 は、思いが入ってない表現なのではあるが、
 ほんとうはなにかの思いがある、ということもある。
 その日までに、ほんとうに払ってくれないと困る、
 という思いが入っているかもしれないし、
 これまでの経緯を知っている人が書いたものなら、
 「こいつ、ほんとに払うつもりがあるのだろうか?」
 という疑いも含まれているかもしれないけれど、
 そこまで読みとらせないように表現されている。
 「3月31日の期限までに、お支払いをお願いします!」
 という書き方になると、それは、思いが漏れ出している。

 ぼくが、毎日のように書いている文章のほとんどは、
 なにかの思いが言わせているものだ。
 いや、そういうふうにありたいと思って書いている。

 いままで生きてきて、たくさん思ってきた。
 いっぱい思ったことが積み重なったり邪魔しあったり、
 複雑に化学変化したりをくりかえして、
 いまのじぶんの思いになっている。
 そういうことが、すべてじぶんのこころのなかにある。
 荒れていても、肥沃でも、貧相でも、じぶんの土地だ。
 そこからしか、ことばは育つわけがないのだ。
 じぶんのこころでない場所から借りてきたことばは、
 美しく見えようが、かっこよく見えようが、だめだ。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
たくさんの思いの「器」であるじぶんが、問われてるよね。

家族って 01

ちょっと前に観た「6birds barked in the park」のライブ。

しばらく活動をお休みされていたあとの、ほんとうに久しぶりのライブ。

 

 

わたしがライブハウスという空間を好きになったのは、6birdsの存在がすごく大きい。

もともと、大学生の頃からなかよしカップルの、素敵な夫婦だったけど

何かを一緒に乗り越えたチーム感、とでもいうのかしら、

その絆が、より太く、強いものになったことが感じられて

なんだか嬉しくて、涙がでた。

 

まるでヤジロベエのように、片方が下がれば、片方が立ち上がって

ふたりが一緒に倒れてしまないように、比重を変えて、バランスをとっている。

「支えあう」というのとも、ちょっと違う気がする。

左右にゆらゆらと揺れる動きそのものが、ヤジロベエだから。

 

どんな家族も、どんな関係もそうであるように、

良いときばかりじゃ、ない。

どんなご夫婦にも、その夫婦にしかない、

共有してきた時間の積み重ねがある。

 

夫婦とか、家族って

なにかひとつの、完成された状態を

保ち続けていくことじゃなくて

 

積みかさねて、壊して、また積み直して

少しずつかたちを変えていくもの、

なのかもしれないなぁ。

なんて。

 

 健やかなる時も、病める時も…とう誓いの言葉があるけれども、

つまりは

いつでも、キムの様子のなかには、ひろみちゃんの姿が見える。

つまりは、そういうことなんだなぁと、思うのです。 

 

その恐怖は、衣の厚すぎるエビの天ぷらに似て

新月と月経がここのところ、ぴったりと重なる。

いろいろ、食べすぎたものや考えすぎていること、余計なノイズみたいなものが

一気に流れていく感じがある。きた、デトックス期間。

 

いつもは鮮やかで幸せな夢を見ることが多いのだけど、

こういう時期は、いやな夢ばかり見る。

なにも覚えていないけど、汗びっしょりで目覚める。

恐怖、不安、焦り。感情だけが残っている。どれもじっとりと気持ち悪い。

夢のなかで、溜まった感情を消化しようとしているのかもしれない。

 

 仕事の面で何かしらプレッシャーを感じているのも無関係とはいえないけど、

自分のなかでわざわざ拡大して問題にして、こねくりまわして負荷をかけるのが好きなようで

それはさながら、衣をつけまくってカサ増ししたエビの天ぷらのよう(見かけ倒しの恐怖ってことには自分でも気づいてる)

それでも、最終的に、消えてしまいたくなるまで負荷をかけるのだから

自分ひとりで完結するそういうプレイなんじゃないかとすら(自覚できるほどには大人になった)^^;

 

なるべく何も考えず、自由に、しあわせに生きていきたいのに

なぜこんなに、恐怖感がデフォルトになっているのだろう?

ずいぶんと古い感情で、気づいたらそこにあったものだから、自覚するのにずいぶん時間がかかった。し、どうやって刈り取ればいいのかもわからない。

(うまく怒りを感じることができないことと関係がありそうだ)

人に向かえば、対人恐怖に、仕事に向かえば、ワーカホリックに。自分に向かえば、自虐行為に。あなおそろしや。

 

とにもかくにも、怖くて不安でちぢこまってしまっている時には

ムリに自分を動かそうとしないほうがいいってこと。好きなようにさせてやる。

感情は生もので、台風みたいに流れていくものだから、ずっと同じ状態は続かない。

 

まずは深呼吸。しっかりとグラウンディング

体勢が整ったら、ちゃんと「出す」^^

こうして文章に書くのでもいいし、お風呂にゆっくり浸かって汗をかくのもいいし、

運動もいい。お掃除も元気になる。カラオケで大声を出すのも、よさそうだ。

 

と、ここまで書いてきて、ずいぶん、頭の中がすっきりしました。

ふつうに生きているだけで、情報過多になりがちで(SNSが苦手な理由)

意識してデトックスすることは大切だと思う。

 

ホント、無意識に思い込んでいることってあなどれなくて

デザインについても、知らず知らずのうちに、禁止事項みたいなものを設定してることに気づいたり。もっと自由にデザインしてもいいはずなのに。

それもここ、数ヶ月くらい、ずっと頭の中をぐるぐるしているテーマであって。。次はそんなことを書けたらいいな。

初心に戻る、なんていうと大げさだけども、自分が本当にやりたい表現、というのを意識していきたいな、というのが、ここんとこのテーマである。

 

 

インターンシップ無事終了♪

8月1日から、インターンシップで中国デザイン専門学校の学生さんが来てくれていました。
 
ちゃんと朝9:00に出社して、30分掃除して、朝礼でスケジュールの擦り合わせをして、12:00〜13:00に休憩を取って、18:00に業務を終了。わお、理想の働きかた!
なかなか、ひとりでは実践できなかったのだけど(これはただの甘え)
でも、誰かがいるって、すごいことだと思った。
自分自身の経験から、学生時代に接するオトナが、その後の人生のイメージを左右すると思っているので、
できるだけ社会人のポジティブなイメージを植え付けられるように頑張った。。つもり。笑
 
会社員として働いているうちは当たり前だった、誰かと一緒に働くということ。
毎日、誰かといっしょに仕事を始められて、
お互いの動きをやんわりと視界に入れながら、
得意なことをそれぞれに分担できる。
うるさすぎでブチキレそうだった右翼の街宣車さえ「マジうるさいですね」と答えてくれる人がいるだけで、スッと落ち着いたりして。
そう、誰かがいるだけで、「さびしい独り言」にはならないのです。笑
 
わたしの周りは素敵なお客さまばかりだし、
なんだかんだ、電話で冗談を言い合ったり、気にかけてくださったり、信頼関係もある。とはいえ、やっぱり、お客さんと、仲間は、違う。
心を許せるスタッフがいるというのは、いいものだな、、と、
今回のインターンをきっかけに、初めて、思いました。
 
ちゃんとした会社っぽい経験とはかなり遠かったかもしれないけど、
すこしでも、広告のすばらしさやデザインの面白さが伝わればいいな!
また気が向いたら遊びにきてください^^
 
 f:id:listen-design:20170820074105j:image
打ち上げで焼き肉にいったときのようす。

英国俳優のマーティン=フリーマンが大好きな安田さん(頻繁にデスクトップとラインのアイコンが変わる)。

パンツスーツにサンダルを合わせて出社してきた安田さん。

かわいかったなぁ^^

 

引っ越しました。

 

いろいろ、本当に、いろんなことを考えるタイミングがあって、

思いきって環境を変えてみることにしました。


たぶんこれで11回目の引っ越しです。

(小さいころから転勤の多い家だったから、

たぶん、ヤドカリみたいに生きるのが好きなのだと思う)

 

f:id:listen-design:20170626164952j:image

カーテンが足りないのでタオルケットでしのいでいる。。。

 

新しい家はとても居心地よくて、

大家さんも内覧させてもらった時より随分とキレイに手を入れてくださっていて(一部なぜか壁が青色になっててびっくりしたけど)、なんだか歓迎されているような気持ちになりました。

今はまだ、誰もいない空間を、さみしく感じることもあるけど、

それもきっと、今のわたしに必要なことなんだろう。

 

独立してから、ずっと、仕事を軌道に乗せることで必死で

どこにいても、誰といても、ずっと何かを考えているような、、、そういう緊張感がずっと抜けなかったのだけど

すこしずつ、肩の力を抜けるようになってきたというか

自分のことも、まわりのことも、見えるようになってきた。

 

人さまに偉そうなことを言う前に、わたしはわたし自身のことをもうちょっと「デザイン」してあげるべきなんじゃないかと。笑

レッドブルを飲んで徹夜するような生活をデフォルトにするべきではないし、メイクも落とさずに寝落ちしたり、連日の深夜のコンビニ通い(明らかにストレス食い)も、仕事を言い訳にして、自分をおろそかにするのはカッコ悪いなと。

 

ここ最近のわたしのテーマは「暮らすこと」「生きること」にシフトしてきている。

ちなみに今いちばんやりたいことは、

大好きなインテリアと、早寝早起きと、お掃除と、料理^^

 

ベッドは思いきって処分しました。

久しぶりに、お布団の上げ下ろしを楽しんでいます。

空間が広く使えるのは、とても新鮮。

悲しみとは

悲しいとは、どういうことだろうか。悲しみとは。
失われてしまったものへの愛と、なつかしさ。
もう手に入らないものへの、むなしさと、あきらめ。
 
さびしいと思うことはあっても、悲しいと思ったことはあまりなかった。
悲しさを紐解いてみる。
悲しさの多くを占めているのは、もうここにはなくなってしまった何かへの、愛おしさかもしれないな。
そう、わたし、とても、好きだったんだ。だから、辛いんだ。


そのときのキラキラとした時間や、うれしい気持ち、そのときに感じたこと、目にしたもののすべてが、とても好きだった。とても愛していたんだ。

とても好きだったということは、ずっと変わらない。本当のこと。
わたしの大切なひきだしにそっと仕舞っておけばよいのだ。
抱きしめて生きていけば良いのだと思った。



そう思うと、すこし、不安がなくなった。




感情は、ひとりで感じきってしまえば、ちゃんと昇華するものなんだって知ったことが、20代後半に手に入れた最大の学びかもしれない。
友だちが教えてくれた、だれにも迷惑をかけずに、気持ちを落ち着けることができる方法。
それに救われてる。
 
そしてたぶん、わたしが感じているよりも大きな悲しみを、抱えているのは。
こんなふうにわんわん泣けないひとは、どうやってこの悲しさと向き合うのだろう。
どうやって向き合おうとしているのだろう。
不器用なやりかたで、たくさんの愛を与えてくれた。
最後まで、男らしく、少々格好よすぎやしないかという格好よさで、わたしの選んだ方向を、応援してくれた。

ほんとうのところは、わからないけど、でも、その姿勢をくずさないでいてくれたことが、わたしを、心底、安心させてくれた。
いつだって、そうだった。それが、彼の優しさなんだろう。




わたしは、信じている。
何をって、上手く言えないけど、
とにかく、これが、正解だったということを。



わたしたちが、これまで築いてきた信頼関係を。

かたちを変えてこれからも存在しつづけていく、お互いへの愛を。
ずっと大切に思っている。



この選択が、この先向かっていく、しあわせな未来へ向けての第一歩になる。

わたしは信じている。

わたしも彼も、ぜったいに大丈夫だと、信じている。

 

あのとき、そうしてよかったねって、
すべて正解だったねって、
笑って言い合える日が来ること。わたしはそれを信じてる。

170601今日のダーリン

許す。許さない。許されるのか。
そうね、いま、わたしの頭のなかにもその言葉がある。
そして、かなしみ。しばらく感じることのなかった、悲しみという感情。

 

あることばを、ひんぱんに見かけるということは、
 そのことばの意味するものごとが、
 とても意識されているということだ。

 いま空気が汚れている国や地域では、きっと、
 きれいな空気、空気をとりもどせなどというふうに、
 空気ということばがたくさん使われていることだろう。
 日本でも「スモッグ」が問題になっていたときには
 もっと「空気」ということばが使われていたと思える。
 愛とか、絆とか、友情とか、常識とか、
 「それが足りないのではないか」と意識されることで、
 人びとの口の端に上りやすくなる。
 
 ことばというのは、
 そのことばの意味そのものを生きている場面では、
 意識されていないものだ。
 青春まっさかりの人たちは、青春とか言わない。
 それを言っているとしたら、なにやら、
 じぶんのやっていることが青春なのかどうか、
 疑いがあるときなのではないだろうか。
 「ねぇ、愛してる!」「愛してる!」とかも‥‥
 そうねぇ、どうなんだろうね。

 ぼくは、ぜんそくの経験者なものだから、
 「呼吸」というものを意識して過ごす時間があった。
 人はこうして吸うのか、吐くのかと、いちいち、
 意識で身体に命令するようにして呼吸をした。
 ふだん、呼吸なんて考えなくてもできているのに、
 いちいち意識して呼吸するということに、とても疲れた。
 
 世の中に、たくさんの意識されたことばが目立っている。
 ふと、ずいぶんあちこちで見かけるなぁと思ったのが、
 「許す」ということばだった。
 許せない、許す、許した、許せ、許そう‥‥。
 「裁く」ということの、近くにあることばなのだろうか。
 「許す」は、なかなか一筋縄ではいかないことばだ。
 許す許さないの判断は、限りなく主観的なものだから。
 「許さない」を超える方法は、基本的にはありえない。
 「許す」は、無敵のカードみたいなことばなんだよなぁ。
 これが目立って見える時代って、厳しいなと思った。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
「許さない」と言われたら、心当たりがなくても怖くない?